イラストレーター 萩ナツミのお絵描きの日常
イラストレーター 萩ナツミのお絵描き人生を描き綴ってみようと思います。世の中こんなに絵描きがあふれているけど、しつこく描いて行けたらと思います。らくがきや実験的な絵ものせれたらいいなとおもうのです。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消しゴムその他
あたらしいものがでたらうきうきかってしまうのですが、今回は消しゴム。
消しゴム
右から、軽くけせる消しゴム、ペンタイプのけしゴムは右からイベントでくばっていたMONO ZERO、となりがMONOzero、となりが10年以上前にもらったやつ、名前が消えてわからない。あと左端はノックしなくていいシャーペン。
軽くけせる奴はまだ未使用です。こんどつかってみる。
黒い奴は消しゴムが平べったいから角消しとちょっと大きい所まとめて使えるかんじですが、ゴムがちょっと固い。去年の冬ただでもらったのでつかってみたけどB以下の鉛筆使っている人はちょっとすすめられない。

最近出た奴がMONOのいつものデザインの2.3mmというほそさの消しゴム。細かいデザインを描くときに結構使える。ゴムもやわらかくてけしやすい。すごく小さいデザインを0.3のシャーペンで描く人にはとくにおすすめ。
サイトがあったのでこちら。http://www.tombow.com/products/mono_zero/index.html
見たらこっちの太めの奴もあるんですね。こちらはやわらかいかも。

左から2番目はよく出回っているちょっと太めなゴム。少し大きいところに使える。ただ、ゴムが柔らかいのでぐにゃぐにゃしてしまうときがある。

一番左はノックしなくていいシャーペン。
0.7しかない。でも鉛筆ぽいふとさかも。描いていると筆圧で中の芯をおしだすみたい。
描いているときちょっとシャリシャリする音が嫌いな人には進められませんが、ノックするのがいやだ!というひとは100えんくらいなので使ってみるといいかも。
ちなみに私は普段は芯が最後まで使えるサイドノックシャーペンをつかっています。
ほか、細かいところは0.3と0.4のシャーペンをBの芯で。
それ以外は普通の鉛筆。イラストを描くときは古式ゆかしき鉛筆が一番いい線がかける。

鉛筆は1センチになるまで使う貧乏性(笑)。本当はいけないらしいけどね。何がいけなかったか、迷信だったかな、わすれました。ほら、鉛筆を両方から削ったらだめとかアレ系だったような。迷信をバカにしてはいけないよな。うん。
でも究極のエコですよ。削るのもうまくなるし。

現在3つどもえの仕事に明日また別のがくる予定。私なんかは数をこなさないと普通の人並みになれない。明日飲み会のお誘いがあるのに、このままでは一歩もでれない、どうしよう、頑張ってみよう、ああああああ。
参加中です。気が向いたらぜひポチっとよろしく!
         ↓ 
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
スポンサーサイト

テーマ:お仕事日記☆ - ジャンル:就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。