イラストレーター 萩ナツミのお絵描きの日常
イラストレーター 萩ナツミのお絵描き人生を描き綴ってみようと思います。世の中こんなに絵描きがあふれているけど、しつこく描いて行けたらと思います。らくがきや実験的な絵ものせれたらいいなとおもうのです。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二点透視は簡単な部類ですがー
ほとんどの方がデジタルで漫画を描いている昨今、
私は1000枚をこえるトーンを消費するためにアナログでかいています。
数本描いている漫画の半分はデジタルなんですが、主線はアナログが主流です。
OSをバージョンアップできたらコミスタも入れられるけど、まだ未定です。
高いソフトを買えるかどうか(笑)
アドビ商品より安いですけどねー。
アドビ、コピー防止を徹底させたんだったら安くするべきです。
カラーマッチングとか印刷の出力とかがうまく行くようになったら
他のソフトにとってかわられちゃうぞー。

まあそれはいいとして、投稿サイズでかくのも人物や小さい背景とかは
べつに苦ではないんですが、うっかりB4横サイズで背景ベースをかいてしまって、
天井の高さが2階分以上のたてもののせいもあって消失点が1.5メートル先(笑)
本当はもっと先なんですが疲れちゃったんでここでごまかし。
二点透視なら普段は目分量でやってしまうんですがなんか、つい紙を足してしまい、
途中でとまらなくなって自分が困る。
背景下書1

目分量でやりゃ良かった、こんな漫画の背景なんてまじめに見る人いないだろうし。
修行と思えばいいのか、そのときにはちゃんと机をあけてやりましょう。
対角線が1メートル弱のこたつしかないので二つくっつけるしかない。
デジタルでやりゃ、らくですけどね。なんか、アナログでやっちゃう。

描きかけのしたがき。雑で笑えますが途中という事でにげる。
背景下書2
スポンサーサイト

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。